省エネルギーを求める|世界で一つしかない自然素材の家|一戸建てなら注文住宅を検討

世界で一つしかない自然素材の家|一戸建てなら注文住宅を検討

女の人

省エネルギーを求める

家の模型

総合的に判断される省エネルギー性能

さらなる高断熱住宅、高気密住宅の普及促進を目的として、2013年10月に住宅の省エネルギー基準は大きく改正されることになりました。新しい省エネルギー基準と、これまでの省エネルギー基準とのもっとも大きな違いは、省エネルギー性能の評価を、石油や石炭などの一次エネルギーの消費量をベースにしたという点です。これまでの住宅の省エネルギー基準は、断熱性能という、住宅の外壁や窓から出入りする熱の量だけに基づいて評価していました。しかし、エネルギーへの依存度は年々増していき、現在では、暖冷房以外にも多くのエネルギーが、住宅で使われるようになっています。こうしたことを踏まえて、新しい省エネルギー基準では、空調、給湯、照明、換気などの設備の性能も考慮して評価するようになりました。高断熱住宅、高気密住宅は、今後ますます、そうした総合的な評価によって判断されるようになりつつあります。

省エネルギー基準の適合義務化

高断熱住宅、高気密住宅は、設備なども合わせて、総合的に評価される省エネルギー住宅という考え方へと変わりつつあります。住宅からの二酸化炭素の排出量は、年々増え続けていて、より厳しい省エネルギー基準への適合義務化を急速に進めるヨーロッパなどの国々とくらべて、対策の遅れがこれまで指摘されてきました。そうしたことを受けて日本でも、2020年までに、すべての建物について段階的に、省エネルギー基準への適合を義務化するという方向で、さまざまな施策が動いています。現在では、小規模な住宅に対する省エネルギー性能に関する規制はほとんどなく、建築主の判断のみに委ねられています。しかし2020年には、高断熱住宅、高気密住宅への取り組みは義務化されることになるため注意が必要です。

Copyright© 2016 世界で一つしかない自然素材の家|一戸建てなら注文住宅を検討All Rights Reserved.